【数学】問題を解くにあたって

こんにちは。中学高校数学を担当していますNです。
ここ数日の気温差により、体調崩されてないでしょうか。

今日は数学問題を解くにあたり、私なりのポイントを何点か記載してみます。

 

1、計算途中式、図について
計算が得意な人、絶対に間違えない自信のある人は途中式は必要ないのかもしれませんが、
・ 見直しの際のミスのチェック
・ 自分の理解度の確認
・ 採点者への理解度のアピール
のためにも、途中式はきちんと書きましょう!

 

簡単な計算問題は答えのみ採点対象ですが、文章題や大問では途中までの計算過程があっているかのチェック、採点者に理解度をアピールし答が間違っていても部分点を確保できる可能性もあります。

また自分で問題集を解く際にも、どこまで理解し式を導けているのかのチェックにもなります。

 

また私の授業ではもう一つ、図を描くことを推奨しています。

・ 分かっている条件を、整理する

・ 問題を解く際のヒントを見つける

・ 採点者への理解度のアピール

途中式と同じで書く癖をつけましょう。

 

2 答案の丸つけ

丸だけでなく、×もしっかりつけましょう。

この際、間違った問題の解答を丸写しするのはやめましょう。次にまた解く際に、間違った問題を解く際に邪魔になります。

 

まず解けなかった問題の横にチェックつけ、ノートに解き直すなど、訓練しましょう。

解けるようになればチェックの上から丸をつければ、自分の伸びも実感できますし、何が不得意なのかもよくわかるようになります。

 

3 問題の選び方

基礎ができないと応用はできません。

難しい問題を解いて、できるような気がしても、ふと基礎の公式どうだっけ、など分からなくなると全て崩れていきます。

無駄に思えても基礎をしっかりやっておきましょう!

 

基礎固まったと思った際に応用問題に移りましょう。応

用問題がわからなくても、ダメだと自信無くさないでください!

私は応用問題こそ多くのパターン問題に触れ、解き方を身につけていくのが大事だと思っています。考えても全くわからない場合、解説を見る→自分で解いてみる→もう一度解説を見て答え合わせを繰り返せば良いかと

4 質問

分からないところは、分からないままにせずしっかり質問しましょう!

質問することは恥ずかしいことではありません!むしろ何がわからないのかしっかり伝えてくれる方が助かります!

 

ただ、解答を知りたいという目的ではなく、理解したいという目的で質問しましょう。

つまり何をどこまで理解してるのか、きちんと相手に伝わるような質問ができれば、相手のためにも自分のためにもなります。

 

5. ノート

板書を写すだけでなく、ポイントといってる部分や大事だと思う部分もしっかりメモしましょう!

また試験を解く際の計算用紙や、問題集用の自習ノートにおいて、私は二つ折りにし、半分×2列で使うようにしていました。そうすることで紙を有効利用できます。

 

以上、問題を特にあたり心がけていたポイントです。

どの教科でも共通かと思いますが、予習復習は大事です。

塾で学校で解いた問題をしっかり自習ノートにおいてら解き直す。分からなければ次回聞けますし、予習していく事で、授業中の理解度も上がります。

こなすだけでなく、しっかり自分の身にしていきましょう‼️

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ