【数学】忘却曲線について

こんにちは!高校数学を担当していますNです。

ついに4月!新学期のスタートですね!

 

今日は数学に限らず、繰り返し学習する必要性について書いてみます。

 

記憶の中でも長期に渡って覚えている記憶を長期記憶といいますが、この記憶の忘却を示す曲線として、忘却曲線というものがあります。(WIKIより)

 

記憶実験で得られた忘却曲線によると、
20分後に覚えていられる確率は58%
1時間後には、44%、1日後には、26%、1週間後は23%、1ヶ月後は21%だそう💦
1日で一気に記憶の定着率が一気に下がってしまうことが読み取れますね💦

 

前回、間違えた問題は印を付けて繰り返しましょうとお伝えしました。
解けなかった問題を、次のページに進む前にもう一度解いてみる。
次の朝、通学時間、朝休憩などの暇な時間にもう一度見直し解いてみる。
など1日経つ前に繰り返し学習し、記憶の定着率を上げていきましょう‼️

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ