ブログ

2016年02月23日

○○は受験の友

高校数学担当のTです。

 

受験もいよいよ終盤ですね。

まだ寒い日が続いていますので、受験生の皆さんは引き続き体調に十分お気をつけ下さい。

 

 

最近、お店のお菓子コーナーで「めざせ合格!」や「突破!」などとパッケージに書かれたチョコレート菓子を見かけたことはありませんか?

KitKat(キットカット)は「きっと勝つ(と)」

Toppo(トッポ)は「突破」

ポッキーは「吉報」(ポッキーを反対から読むとーキッポ)

など、お菓子メーカー各社が上手に宣伝しています。

 

チョコレート以外のお菓子でも受験生への応援パッケージになっているものもありますが、特にチョコレート菓子に多く見受けられます。

なぜチョコレートに多いのでしょうか?

 

 

それは、チョコレートには受験勉強に良い効果を及ぼす成分が多く含まれており、『受験生の友』と言えるお菓子だからです。

チョコレートの原材料であるカカオ豆の学名は「テオブロマ・カカオ」と言い、「テオブロマ」とは「神の食べ物」という意味のギリシャ語で、アステカ帝国(1428年~1521年)ではカカオは飲み物としてだけでなく医薬品としても珍重されていたそうです。

 

チョコレートによる効果には、

①脳を活性化し、集中力・記憶力・思考力を高める

②脳のエネルギー源となる

③ミネラルの欠乏による貧血を改善する

④ストレス抑制・リラックス

などがあります。

 

また、カフェインも少量含まれていますので、「眠気の防止」も期待できるかもしれません。

 

 

昨年12月に、九州地方の20代の男性がカフェインを大量に摂取したことによるカフェイン中毒死が起こりました。

チョコレートに含まれる成分で、大脳皮質を刺激する『テオブロミン』はカフェインの仲間ですが、カフェインに比べて興奮作用がマイルドです。

また、チョコレート35gに含まれるカフェインの量は、レギュラーコーヒー1杯に含まれるカフェイン量の約1/10ですので、カフェイン中毒の危険性も低いと考えられます。

 

チョコレートを食べると、およそ1時間後に血糖値や抗酸化作用のピークを迎え、2時間後には徐々に低下していくとのことです。

ですから、チョコレートを食べるタイミングとしては、『勉強を始める1時間前』が良さそうです。

 

ホワイトチョコレートにはカカオポリフェノールがほとんど含まれていないので、ご注意下さいね。

日本チョコレート・ココア協会によると、カカオポリフェノールは『200500mg/日』を毎日、何回かに分けて摂取することが推奨されているようです。

 

 

受験生の皆さんは、ぜひ勉強の合間に『受験の友』として1欠片のチョコレートを食べてみて下さい。

最後のラストスパートを手助けしてくれるかもしれませんよ!

 

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ

2016年02月19日

漢文【大鐘を遺りて厹由を攻む】

高校英語担当のTです。

先週予告した通り、今日から『戦国策』の逸話を一つずつ紹介して参ります。

今回は、西周巻第一、「大鐘を遺(おく)りて厹由(きゅうゆう)を攻む」です。

 

【白文】(繁体字、句読点付き)

秦令樗里疾以車百乘入周,周君迎之以卒,甚敬。楚王怒,讓周,以其重秦客。游騰謂楚王曰:「昔智伯欲伐厹由,遺之大鍾,載以廣車,因隨入以兵,厹由卒亡,無備故也。今秦者,虎狼之國也,兼有吞周之意;使樗里疾以車百乘入周,周君懼焉,以厹由戒之,故使長兵在前,強弩在後,名曰衛疾,而實囚之也。周君豈能無愛國哉?恐一日之亡國,而憂大王。」楚王乃悅。

 

【解釈】

秦は公子(王子)の樗里疾(ちょりしつ)に命じて、戦車百台で周に行かせた。周君(周の君主)は軍隊を繰り出し、鄭重に出迎えた。楚の懐王は周が秦を手厚くもてなしたことに怒った。周臣である游騰が弁解して、「昔、晋の智伯が北狄の厹由を討伐しようとして、厹由に大鍾を贈ることにし、幅の広い車に乗せた。そのため厹由は道を拡張し、その機に乗じて、智伯は背後から兵を送り込んだ。無防備な厹由は滅亡した。今、秦は虎狼のような国で、周を呑もうとする意図を持っており、樗里疾に戦車百台で周に入らせた。周君は警戒して、前には長い柄の武器を持った兵を、後ろには弩(ど)の部隊を配置して、樗里疾を護衛するという名目で、その実それを押さえ込んだ。周君は国を愛さないことがありますでしょうか?一日の油断による亡国を引き起こし、大王を悩ませることを恐れたのです。」そして(これを聞いて)楚王は喜んだ。

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ

2016年02月18日

中学3年生の理科「遺伝」

 

こんにちは。中学の理科数学担当のKです。

 

理科が楽しくて好きになるような、

理科のおもしろトピックスを毎回お話しできれば良いなと思っています。

 

今回は遺伝子のお話をしてみます。

中学3年生の理科で『遺伝』について学習します。

遺伝子という言葉、皆さんも聞いたことはあるでしょうか。

鳥も魚も植物も、もちろん私たちヒトも、すべての生物は、遺伝子に書かれた遺伝情報をもとに

つくられています。遺伝子は、いわば料理のレシピみたいなものなんです。

 

なぜパンダが笹を食べるようになったのか知っていますか?

パンダの一番近い種はホッキョクグマなんです。

ホッキョクグマは肉食なのに、親戚のパンダは笹しか食べません。

実はパンダは進化の過程で、肉を食べて美味しい!と感じるための遺伝子が働かなくなってしまったのだそうです。

美味しいと思わない肉をわざわざ食べる必要もないし、それなら周りにたくさん生えていた笹でも食べるか〜

みたいな感じで、草食に変化していったようです。

 

私が中学生の頃の理科に、遺伝の分野はほとんどありませんでした。

しかし、遺伝子の研究がすすみ、新しい事実が数多く明らかとなってきたことで、

現在の中学3年生で学ぶ「遺伝」は、かなり充実した内容となっています。

最初は難しいと思うかもしれません。

難しくて分からないな・・・と思ったら、ぜひ質問して下さい!

一緒に楽しく学んでいきましょう。

 

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ

2016年02月18日

もうすぐ学年末テスト

こんにちは。中学の英語、社会を担当しておりますSです。

 

昨日は中学2年生の授業があり、社会では、第一次世界大戦について勉強しました。

第一次世界大戦は、1914年のサラエボ事件から始まった初めての本格的な総力戦です。

今までの戦争とは違い、多くの国が関わり多大な犠牲者が出ました。

また、新しい兵器が次々に開発された近代的な戦争としても有名です。

 

歴史は戦いの記録でもあり、残酷な事実もたくさんあります。

大きな戦争について生徒たちとともに学んだことで、

私自身も、今の社会の成り立っている経緯や過去の教訓へ思いを馳せ

歴史を学ぶ大切さを再認識しました。

 

と歴史に思いを巡らせていたところでしたが、現実は生徒たちはもうすぐ学年末テストです。

普段は部活と両立して頑張っていますが、今週くらいからは勉強一色だそうです。

 

一年の集大成、受験生となる3年生へ良いスタートを切るためにも頑張りましょう!!

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ

2016年02月16日

志望校選び

高校数学担当のTです。

 

宇部・小野田は今日も雪の降る寒い1日となりました。

幸い積もることはありませんでしたが、徒歩や自転車で通学・通塾されている生徒さん達は路面の凍結にご注意下さいね。

 

 

さて、高校2年生もいよいよあと1か月半で、高校生活最終年でありなおかつ受験生でもある高校3年生になりますね。

「受験生になる」ということは、そろそろ志望校を具体的に選ばなければなりません。

大学は高校よりも専門的なことを学びますし、多くの場合、実社会に密接に関連する内容を学びますので、大学で学んだ内容は多かれ少なかれ将来の職にも関わってきます(※学部・学科によって異なります)。

したがって、志望大学・志望学部(学科)の選択は高校受験の時に比べて、より将来を見据えて行う必要があります。

 

多くの高校では、1年生から2年生に進級する際に文系か理系かを選択することになるかと思います。

「数学や物理が苦手だから、文系にした。」

「理系の方が就職が良いと聞いたから、なんとなく理系にした。」

という方も多いと思います。

そのような方も、一部の大学を除いて、大学受験では学部・学科単位の出願・受験となり、国公立大学では、基本的には前期・中期・後期日程でそれぞれ1大学の1学部・学科にしか出願することができませんので、必然的に1つの学部・学科まで第1志望を絞り込まなければなりません。

 

なかには、「○○大学だったら合格できれば何学部でも良い!」と言って、自分が対応できる入試科目であれば、学部を問わずに受験する方もいます。

「○○大学の学生になる」というその一心をモチベーションにして受験勉強に臨み、希望を叶えることも『大学受験』という観点では良いでしょう。

 

しかし、先にも述べたように、教養課程を除いて大学生活では特定の分野の専門的なことを学びますので、自分の興味の無い科目を延々と学ぶことは苦痛になってしまう可能性もあります。

個人的には、何に対しても興味が湧き、何でも知りたい・学びたいと思うような方を除いて、現時点で興味があることや将来就きたい職業など、しっかりと自己分析をしてじっくりと志望校・志望学部を選ぶ方が、大学進学後にも後悔することなく、より良い大学生生活を送れるのではないかと思います。

 

 

また、『受験に勝つ』という観点からも志望校を決めるということは重要になってきます。

受験勉強という限られた時間の中で、他の受験生と競い合って『合格』という成果を勝ち取るには、やはり、より早く志望校合格への受験戦略を立て、早く取り組んだ方が合格に近くなります。

 

多少苦手意識がある科目であったとしても、

「自分が興味のある科目について大学で学びたい!」

「将来就きたい職業に直結する内容を大学で学びたい!」

「自分の将来の理想像に近づくために大学で学びたい!」

という強いモチベーションがあれば、受験勉強に集中することができ、苦手意識を克服できるように頑張れると思います。

 

 

私達ポラリスの講師陣は、文系・理系、大学院進学、海外留学、社会人経験など、様々なバックグランドを持った講師が揃っています。

『入試問題の解き方』だけでなく、『志望校選び』に関してもご相談に乗ることができるかと思いますので、ぜひお気軽にご相談下さいね。

 

 

 

進学塾ポラリス

住所 〒759-0206
山口県山陽小野田市日の出3-7-15 伊藤仙ビル1階
TEL 0836-43-7536
受付時間 月~金曜 11:00~21:00

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1I6whyJ